Profile & CV

北川 陽稔
 (写真家・映像作家)
北海道、札幌生まれ。東京にて映像作家として活動し、短編映画の制作等を行う。作品はアンディ・ウォーホルやガス・ヴァン・ サントを輩出した映画祭において選考上映され、国内映画祭にて入賞。 近年は北海道を主な拠点に活動し、ランドスケープや植物をモチーフに、人が向き合う環境の多層性・多様性を表現する作品を制作。
haptics Inc.代表として、コマーシャル映像やインタラクティブコンテンツも多数手掛ける。

Akiyoshi Kitagawa
 (Photographer・ Videographer)
Born in Sapporo, Hokkaido. Based in Tokyo, he works as a filmmaker and produces short films.
His works have been selected for screening at film festivals that have produced Andy Warhol and Gus Van Sant, and have won awards at domestic film festivals.
In recent years, he has been creating works that express the complexity and diversity of the environment that people face, using landscapes and plants as motifs.
As the representative of haptics Inc., he also works on many commercial videos and interactive contents.

●入選・受賞等
・42nd Ann-Arbor Film Festival (2004・入選)
・第 8 回調布映画祭 (2005・奨励賞受賞)
・キャノン写真新世紀 (2011・佳作受賞)
・第 8 回写真「1_WALL」(2013・入選)
・2013 KAWABA NEW NATURE PHOTO AWARD (2013・入賞)
・JR タワー アートボックス(2014・優秀賞)
・札幌 ADC(2019・2022・入賞)
・ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS(2022・入選)
・札幌国際短編映画祭 MicroDocs 部門(2022・2023・入選) ・Tokyo International Foto Awards(2022・入賞)
・International Photography Awards(2023・入賞)

●主な個展・グループ展
・グループ展「写真新世紀 2011 東京展」(2011・東京都写真美術館)
・個展「annoski #01 tuie-pira」(2011・Gallery Cosmos)
・個展「北川陽稔展 annoski」(2012・Gallery Poetic Scape)
・グループ展「写真新世紀 仙台展 2012」(2012・せんだいメディアテーク)
・個展「annoski – installation version-」(2014・Plantation) ・個展「meltgram」(2014・JR タワー ART BOX)
・グループ展 札幌国際芸術祭 2014 チ・カ・ホ特別展示「センシング・ストリームズ」映像上映(2014)
・グループ展 札幌国際芸術祭 2014 連携企画「そらち炭鉱の記憶アートプロジェクト 2014」(2014)
・個展 北海道文化財団アートスペース企画展 北川陽稔展「annoski」(2014・北海道文化財団アートスペース)
・「もうひとつの眺め(サイト) 北海道発:8人の写真と映像」(2015・北海道立近代美術館)
・個展「Okhotsk #01」(2016・GRANVISTA GALLERY SAPPORO)
・インスタレーション「sidhe」映像(2016・Vacant)
・in and around 事物とその周辺(2020・CINTEXT-S)
・札幌ミュージアム・アート・フェア(2020・札幌芸術の森)

●教育
・北海道教育大学 非常勤講師(2016, 2017)
・札幌市立大学 非常勤講師(2023)

Official URL : akiyoshikitagawa.com
Company URL : haptics.co.jp
e-mail : ak@hapotics.co.jp